設計から施工までの流れ

設計から施工までの流れ

設計・監理業務として住宅が出来るまでの流れをご紹介します。
STEP1 設計企画
お客様の要望・条件を伺い、敷地・建物・法的調査を行いプランをご提案します。
STEP2 基本設計契約
企画提案でお客様に納得いただければ、設計・監理業務の契約を結びます。ここから設計料が発生いたします。
STEP3 実施設計
基本設計で決定したプランに基づき、詳細な検討・打合せを行い決定し、実施設計図書としてまとめられます。
STEP4 建築確認申請
必要図面が揃ったら、お客様の代行として役所に確認申請の手続きをします。
STEP5 見積依頼
施工会社に実施設計図書を提出し、見積依頼をします。出来上がったら設計事務所で検討し、お客様に提示します。
STEP6 工事契約・着工
施工会社を選定し、工事請負契約をします。施工会社は設計図書を元に工事を進めます。
STEP7 工事監理
設計図書の通りに工事が行われているか、監理します。必要に応じて設計変更等の対応も行います。
STEP8 竣工・引渡し
工事が完了したら検査を行い、施工会社からお客様に引渡しです。

よくあるご質問

設計料はいくらぐらいかかるのでしょうか?
建物の種類によって違いますが、住宅の場合は建築工事費の7~15%ぐらいです。
リフォームの依頼は出来ますか?
リフォームの提案も行っています。設計事務所に依頼するのは敷居が高いと思われがちですが、新築と同じ流れで戸建住宅・マンション・オフィス・店舗などご提案しています。今後、リフォームの需要は益々増えていくように思います。
CGや模型等で提案してもらえますか?
設計のある程度の段階で、お客様によってはわかりにくい図面なども立体的に表現してご提案します。リフォームの場合など、現況写真に合成してパースでご提案もできます。また、パース・模型製作のみの業務も承っています。
今住んでる家が欠陥住宅かもしれない。 相談に乗っていただけるのですか?
ご相談内容を確認した上で必要となった場合、建物調査等を行います。弊社代表は、建築士と弁護士が組んだ専門家集団 NPO建築問題研究会のメンバーとして、建築に関するあらゆる問題、欠陥建築の相談に応じています。参考までに、当NPOは月に一度相談会を開催していますので、詳しくは http://npo-asj.com/ をご覧ください。